看護師転職ジョブメドレー

【ジョブデポ看護師】看護師の会員登録プログラム

 

・看護師の地方公務員としての職場は?

地方公務員では主に国立ではなくて、地方に根付いた地域に密着した形態の公務員の看護師になります。公務員看護師よりは厳しい規律はないのですが、市町村ごとで作成されていて公務員法に従わないといけないのです。

では国家公務員と地方公務員とでは何が違うのか、給与体系が違うのと国家公務員では全国に転勤の可能性が多いとの違いがあります。その分地方公務員では転勤がないのです。

看護師の地方公務員としての職場は、公立診療所・保健所さらには公立の保育園や幼稚園とかになります。どうしても公務員というと国家試験を受けないといけないので、面倒だなと思っている人が多いですよね。でも看護師は公務員試験を受ける必要がないので、選考に合格するだけで公務員になれるのです。

<公立病院や公立診療所>

県立病院・市立病院と呼ばれるのは公立病院のことで、都道府県や市町村の自治体が地方自治体・地方独立行政法人が管轄している病院となります。

都道府県が運営している医療施設は数多くあり、病院:200施設・診療所:257施設あります。
市町村が運営している医療施設も数多くあって、病院:635施設・診療所:2996施設あります。

これだけみれば、看護師の地方公務員として働ける職場が多いのが分かりますよね。

<公立の保育所・幼稚園>

公立の保育所・幼稚園で働く看護師は、子供の病気・ケガ・予防接種・健康診断など医師のサポート役として働きます。

<保健所や保健センター>

都道府県や政令指定都市に設置される「保健所」、市町村ごとに設置されている保健施設「保健センター」では、地域住民の予防検診や指導・防接種を行う医師のサポートを担当していきます。

<公立の看護専門学校>

未来の看護師を教える教員として働き、公立の看護専門学校で働くには条件があります。

◯厚生労働省が認定の看護教員養成講習会を受講
◯大学で教育に関係する科目を4単位以上取得していること


・看護師が地方公務員として働くメリット

看護師が地方公務員として働くメリットはズバリ、地域の人達の健康を手助けするのに貢献できる仕事と言えます。病院やクリニックだけでなく、公立診療所・保健所・公立の保育所・幼稚園・保健所保健センター・公立の看護専門学校など幅広い職場で働くことができます。

民間の看護師に比べて待遇もよくて給与やボーナスも破格にいいので、いい条件が揃っています。


・看護師の国家公務員としての職場は?

看護師の国家公務員としての職場は、特殊な場所が多くあります。

<宮内庁病院>

日本最高峰である皇居内にある病院で、「天皇・皇族に加えて、宮内庁・皇宮警察本部の職員とその家族、さらに職員の紹介を受けた者のみが受診可能」となります。

<刑務所看護師>

刑務所の仕事で囚人のケガや病気に対する医療処置・服薬管理などになります。

<自衛隊看護師>
自衛隊看護師になるには、自衛隊に入隊してから資格を取る・看護師の資格を取ってから自衛隊に入隊・自衛隊の学校に入るの特殊な方法があります。

<看護系技官>

厚生労働省を中心とした国の行政機関で働く看護師で、診療報酬の改定・看護基準の見直しなど現場と行政の橋渡しとなる仕事になります。

<ハンセン病療養所>

全国に13ヶ所の国立ハンセン病療養所で働く看護師で、ハンセン病後遺症の視覚障害・知覚障害・運動障害・高齢に伴う様々な合併症と向き合い援助する仕事になります。

<空港・湾港の検疫官>

空港や湾港の検疫官で、衛生調査・健康相談業務・予防接種業務・船舶衛生検査(港湾のみ)などの仕事になります。


・看護師が国家公務員として働くメリット

看護師が国家公務員として働くメリットと言えば、民間看護師に比べて激務にはさせないのが一番のメリットと言えるでしょう。花形といわれる看護師は、実は休憩時間もないほど忙しいので少しでも残業がないとか無理をせずに働ける環境であれば転職をせずに働けるのです。

・公務員看護師の平均給与

公務員という名だけで高給なイメージですが、実際には給与はどうなのかみていきましょう。

<地方公務員看護師>
給料月額(平均年齢40.3歳)  301,447円
ボーナス(平均年齢40.3歳) 1,407,161円
退職金(定年退職)    約22,013,000円

民間の看護師と比べると、公務員看護師の年収の方が圧倒的に高いことが分かりますよね。

・看護師が公務員の求人を探す時の裏技

公務員の求人を探す時の裏技があります。求人を探す時には、転職したいなと思った時から求人を探すことにあります。常に求人サイトをみるとどんな職場が掲載されているか、熟知ができるようになります。

看護師専門の転職サイトでは、普通の転職サイトにはない数多く非公開の求人も掲載されています。数多くの看護師専門の転職サイトがあるのですが、公務員の看護師求人を探すのにもっとも適した転職サイトを紹介しますのでご覧下さい。

<マイナビ看護師>
多く非公開求人があり、病院の求人だけでなく「検診・健診」「クリニック」「一般企業」の求人なども豊富にあって、専任キャリアアドバイザーが付いてくれるので求人の情報収集・面接対策・転職成立に至るまでサポートをしてくれます。

看護師の転職サポート マイナビ看護師

<ナースパワー>
業界最大級の求人数を誇り30年ある実績なので年間紹介数5000名、なんと全国100000名の看護師が利用しています。九州・中国地方の求人数が多く、地方に強い転職サイトなのです。

看護師紹介25年、10万人が利用する転職サイト

<ジョブメドレー>
病院・歯科医院・介護事業所などとのマッチングサイトで、。個別のサポートが受けれるので転職での力強い味方になってくれます。東京・大阪などが多い傾向なのですがが、もちろん地方の求人もあります。

看護師転職ジョブメドレー