転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

看護師の求人件数全国最大級。【ナース人材バンク】で安心のお仕事探し。

・潜在看護師という言葉

潜在看護師ってなんだろうとおもいますよね、潜在看護師とは65歳以下で資格を持っているにも関わらず子育て・介護などの理由で離職して現在は時働いていない看護師のことを指します。年々潜在看護師が増え続けており、看護師不足だと言われている世の中で、これからもっと看護師の需要が求められる時代なのに問題視されております。

近頃男性の看護師が例年に比べて10倍以上も増えてきたと言われてますが、まだまだ女性には及ばないので結婚・出産・育児による事情で子育て・育児に専念するために離職していく現実もあります。なかなか一度職場を離れてしまうと復職は難しいとも言われています。

国では潜在看護師対策として、看護師の離職を防ぐ為に保育施設を設けたり、復職支援の研修を設けたりと充実させて復職を願って動いています。


・潜在看護師の悩みとは?

結婚・出産・育児による事情で職場から離れてしまい、数年?数十年のブランクがある潜在看護師の悩みとはいくつかあるようです。普通の職場でも同じように外で働くブラングがあれば、なかなか不安で職場復帰が難しくなってくるので同じですよね。

<医療の進歩に付いていけるか不安>

日々変わっている医療介護の知識・スキル・技術や病院事情など、長年ブランクがあるほどなかなか職場に戻りづらくなってしまうそうです。

<手技の感覚を忘れてしまっているので大丈夫なのか不安>

以前の職場で働いてたようにテキパキと働けるのだろうか、年齢に伴い体が動きにくくなったので職場に戻れたとしても同僚とかの足を引っ張らないだろうかとか色々と不安を考えてしまうと思います。

色々と職場復帰の不安を抱えているようであれば、まずは短時間での仕事を探してみてはいかがでしょうか?いきなりは忙しい職場に戻るのか難しければ、短時間での仕事をこなせるのか試していくのがいいと思います。徐々に慣れていけば、職場復帰が出来るようになるでしょう。

<離職してからブランクがあれば採用されにくのではないかと不安>

離職してしまうと数年後に復職しようと思っても、踏み出しにくいのはよくあることです。面接に行っても面接官にどうしてブランクがあったのかのを聞かれるだろうし、たとえ結婚・出産・育児による事情でもなかなか話しして分かってもらえるのであればいいが、不安がられてしまうだろうなとか面接に行く前から不安が募ってしまうようです。


・看護基礎技術研修

再び復職したい看護師の為に、看護基礎技術研修というものが用意されている病院が多くあります。最新の医療・看護技術や知識に不安を感じている人の為に、新薬の知識・最近の医療機器・器具及びその取扱いなど丁寧に教えてくれるので有り難い制度になります。

こういう看護基礎技術研修が用意されていると、ブランクあって復職したい人には助かりますよね。

研修内容では、

◯臨床実習や見学(病棟・訪問看護ステーション・診療所・介護施設・福祉施設など)

◯点滴・輸血管理等、採血・注射の演習(模型や医療機器を使用)、バイタルサイン、感染予防やスキンケア、急変時の看護等。

◯心電図の読み方、体位変換・移動、高齢者の看護・褥瘡ケアの実際、フィジカルアセスメント・心肺蘇生術・薬物療法の補助技術など。
看護師の転職なら【ナースエージェント】

・復職前に必ず準備が必要な3つのこと

ブランクがあり復職を考えている看護師に知ってほしい、復職前の準備や心構えがあります。

◯勤務先は慎重に選ぶ

ブランクがあるわけなので、いきなりは忙しい職場に復帰するのは難しいと思われます。忙しすぎない職場にすれば、仕事がやりやすくなるので健康診断専門のクリニック・病床数が少ない病院・介護施設や老人ホーム・クリニックなどを選ぶほうがいいでしょう。

◯雇用形態を検討する

雇用形態を始めに決めておけば、スムーズに求人を探しやすく面接もしやすくなります。ブランク期間もあるので、非常勤でスタートしてから慣れてくたら常勤という感じで勤めればいいかと思います。

◯看護知識の復習をする

日々変わる看護知識の復習を勉強しておけば、すぐに実践に役立ちます。ブランクがあればどうしても古い知識になるので、アプリやネットで情報を集めて自分の看護知識をアップデートしておきましょう。


・復職前に身につけておく看護技術は何?

採血・注射の演習・高齢者の看護・褥瘡ケアなどどうやっていたかを忘れてしまっているので、復習をしていた方がいいでしょう。また最近の看護技術で自分が知らない技術とか用語はないのかなどを、みておいた方がいいと思われます。いざ用語とか実践になるとどう対応していいのか、聞かなくてもいいように学習しておきましょう。

ブランクがある看護師の復職支援するために、各都道府県の看護協会では基礎的な看護ケアなどの「復職支援研修」を行っています。



・看護師復職時に必ずやること

看護師復職時に必ずやることは、いかに上手く求人先を探せるかにあります。看護師であれば専門のサイトが多くありますので、活用するようにしましょう。

◯マイナビ↓↓↓クリック



◯ナースパワー↓↓↓クリック



◯ナースエージェント↓↓↓クリック


大手の紹介会社に登録しておけば、非公開の情報などを得ることができるので復職の手助けをしてくれます。