・産業看護師の特徴

民間の企業の看護師を、産業看護師と呼びます。

産業看護師の求人で、とりわけ多いのが、企業に置かれている医務室もしくは健康管理室で働く仕事内容です。

大手企業内、大きい工場には、ほとんど従業員の急なケガや病気への処置・健康管理・健康増進を行う医務室・健康管理室を設置するよう、義務付けられています。

そんな産業看護師は、産業医と共同して次のような業務を担います。

健康診断の実施サポート

従業員の健康状態の維持と病気の早期発見を目的として健康診断がありますが、このサポートです。医師が来た際、補助業務があったりします。

健康診断の企画・計画・準備・検診結果の管理・従業員へのフィードバックと言うのが具体的内容です。


保健指導

検診結果に異常が在った際、健康に近づけるようにサポートします。

例えば、前の年の具体的データと現地点の比較などもして、必要な日常の生活の指導をします。


ンタルヘルスチェックメインは

今社会問題になっているうつの早期発見です。あるいは稀に生じる統合失調症、うつ同様多い仕事によるストレス性疾患に対して面談し、改善を目指します。

時には精神科医や心療内科医などに専門家に委託します。


応急処置

学校の保健室と同じ様に、急病やケガの際、応急処置をします。

事務がメインの職場と比較すると工場等肉体労働が多いところの医務室は、ケガや夏場は熱中症などの緊急事態への処置が多くなります。最近急増している循環器疾患の発作の際は、時に救急隊が到着するまで、AEDなどを使って繋ぐ場合もあります。

加えて、このような事態が生じた際の備品・マニュアルを事前に準備するのも産業看護師の役割です。ですから、時にAED設置を請求したり、応急処置に必要な備品を整備しないといけません。

こうした場合は、社員と接しますが、普段は書類作成・メール電話対応・スケジュール調整等デスクワークがほとんどです。

ゆえに、病院・クリニックの看護師と比して、肉体的負担は極めて少ないです。

とりわけ、働く人のメンタルヘルスは、2015年に厚労省が自殺者3万人に緊急事態令を出してストレスチェック制度を導入。重点化されている項目です。

ですから、メンタルにかかわる産業カウンセラー資格あるいは受講経験、精神科や心療内科看護の経験があれば、かなりの強みになるでしょう。

大手企業の中には、医務室を健康管理・保健指導目的で置いているゆえ、応募条件が保健師onlyの場合がありますので注意してください。

つまり、産業看護師ではなく産業保健師のみを募集していることがありますので、良く見てくださいね。

時に勤務先として、人が集まる空港・アミューズメントパークなどの医務室もあります。



 

・産業看護師になるメリット

多くの産業看護師労働条件が良いと言う点です。

仕事とプライベートのバランスが取り易いとか、デスクワークがほとんどなので負担がレスだたりします。

第一に夜勤がありません。多くは土日祝日が休みです。

さらに一般企業に勤めますので、いわゆる95時勤め。残業が多い一般社員より楽な場合すらあります。

医療処置の機会が、極めて少なく、心理的な負担もレスになります。

ですから、ミスがないように神経を使うのもなく、心理的負担が無いです。

病院では手術室勤務ですと長い手術が多いですし、ICUや外科病棟勤務ですと、処置が多くて大変です。

かくも、産業看護師は、体力にも心理的にも負担がレスなのです。

 


・産業看護師になるデメリット

メリットを挙げると、産業看護師枠で一般企業で働くのは良い条件ばかりに思われます。が、デメリットもあるんです。

一般企業に於いて医務室で常駐する産業看護師は1-3人しかいません。

同職種の人数が少ない故、1人当りの責任が重くなって、仕事量が多くなりがちです。

ですから、病院勤務の時より休みにくいです。

あるいは、社員・従業員と接するのは、患者と接する感じとは違います。

医師程ではないですが、白衣を着て、昭和時代ほどでないにしろ、ほとんどある意味上の立場で感じで接していますよね。ではなく、普通のOLの格好で、対等な感じ。これが、病院でとは違うストレスやコミュニケーションの難しさになります。

また、会社によっては病院勤務の時より給料が下がる恐れもあるんです。

それは、病院勤務の給与体系が夜勤手当分の収入込みの場合が多いからです。ですので、給料が下がるケースが多いのです。

社内の偉いさんや、納入業者とも接しないといけないので、ビジネスマナーが要り、近年必須となったパソコンをスキル:資料作成のためのWordExcelPowerPointも要ります。

時に、やっぱり病院に戻らないといけないと、なった場合。医療スキルの低下が懸念されます。



 

・どんな看護師が産業看護師に向いているの?

誰とでも話せる、コミュニケーションスキルの有る人が産業看護師には向いています。病院看護師と比較すれば、看護師と言う、ある意味役割の型にはまった感じは通用しません。社員・従業員と、役割が通用しない/1人の人間として対等に接しないといけないんです。

 

・産業看護師の平均年収は?

年収300-1000万円と、かなりの幅があります。

 

・まとめ

産業看護師の求人は主に非公開求人が多く、紹介会社経由が最も手軽にみつけられ

ます。信頼性が高いサイトとして当サイトでは下記をおススメします。登録は非常に

簡単なので、まずは登録をしてご自身に合ったエージェントを見つけてください。

◎マイナビ看護師
コチラ↓↓↓3分で簡単登録↓↓↓クリック

◎ナースパワー
コチラ↓↓↓3分で簡単登録↓↓↓クリック

◎ナース人材バンク

コチラ↓↓↓3分で簡単登録↓↓↓クリック