ジョブメドレー



・保育園看護師としての仕事のやりがい

 小児病棟はともかく、大人のみ相手にしたらいい病院勤務とは違い、園での対象は子供が主です。ですから保育園看護師は、当然子供好きじゃなかったら、務まりません。また子供好きにとっては魅力が有ります。

 

 子供の命を預かる責任は、保育士と同じです。ある保育士経験者は、夕方保護者に園児を無事お返しすると、ホッとすると言います。さらに、小児病棟などで病気の子供の治療にかかわるのとは、かなり違っう面白味があります。

 

 看護師資格は、保育士資格同様、子供に対して専門性があるとみなします。ですので、看護師は各園1名限定ですが保育士同様に保育するのが認められています。それゆえ保育園看護師の求人票は、保健指導と保育をして頂きます、との文言があります。

 

 子供の成長にかかわる面白味だけでなく、マイナーで未確立な看護師の勤務形態です。ですから、保育園看護を、ゼロから新たに創造するやりがいも見つけられます。



 

・保育園看護師の仕事内容

 病棟勤務の様に夜勤がなく、昼間の勤務が多い保育園看護師は、プライベートも充実させられます。最近都心で増えてきた夜間保育ではいざ知らず。また、子育てによるブランクが在って、子供の幼稚園への送迎などが有る場合、ハードさが少ないので働きやすいです。

 

 まず、保育園において子供の健康管理をします。保育園でケガをした子供の応急手当、体調が悪い子供のお迎えまでの看護が、看護師故に求められる業務です。そこへ集団生活では付き物の感染症予防のための対策も、重要な仕事です。

 

 子供への医療行為は、どういうモノか、気になりますが、今のところ保育園看護師が採血、点滴など小児病棟であるような医療行為はしません。次に保育園看護師の業務で、メインなのが保育士のサポートになります。

 

 先に述べた様に、厚労省の配置基準では、保育園看護師がいる場合、1名に限定で保育士として基準を満たせます。保育士のサポートには、リアルには他の保育士と同じ様にお遊戯・食事の手伝い・お昼寝の布団たたみ、

 

 ときに園庭で一緒に遊ぶと言った内容です。ですから、勤務する園では、看護よりも保育をする、保育補助のお仕事が多いのです。

 

 保育士と同じ様に、保護者とコミュニケーションを取るのも大事な仕事です。保育園での様子などより、保育園看護師の場合は健康に関する報告やアドバイスになります。園によっては、配布する保健だよりを作るところもあります。



 

・保育園看護師になるために必要なものは?

 基本的に保育園看護師枠で働く場合、看護師資格のほかに資格は、特別に必要ありません。ただ、小児科や小児患者が多い形成外科等、子供に接してきた経験があると、面接の際に大きな強みになります。

 

 保育園看護師のお仕事は、子供の健康管理と急なケガや病気の応急処置、保育士・保護者へ健康指導を行うと言うモノで、病棟勤務のように医療行為は、基本保育園ではありません。

 

 保育園看護師は、子供が健康で安全に保育園で過せるように、医療的な視点からサポートをするのです。看護師資格以外に、身につけていると現場で役立つモノは、いくつかあります。

 

 現場で園児と過ごす上で役立つのは、具体的には、保育士が子供と接するのに求められるのと共通しています。子供と歌うのやお遊戯、お絵かき、工作、読むみ聞かせ等が得意。

 

 時に、子供と一緒になって運動遊びしたり活発に動ける。子育ての経験、ピアノ等の楽器が、幾らかできる。保護者の立場に立って子供について考えられるといった、出来る項目が、リアルに保育する上で出来ないといけません。

 

 これらの多くは、病棟での一般的な看護とは違った体力が要求されます。保育実習で保育園に行かされた、体力がピークの高校生ですら、1日居ただけでフラフラになります。ですからリアル保育士は、パワフルな人が多いですね。

 

 要は、看護だけには留まらず、保育士をこちらからサポートしていく為、色んなアクションが出来る。これが、保育園看護師の仕事に当たっては重要なのです。医学や看護だけの勉強をやってきて、子供と遊んだり面倒を見た経験が無い。そういう人には、厳しいでしょう。



 

・保育園看護師の平均給与は?

300-400万円くらいです。病院の看護師より明らかに低いですね。産業看護師同様、夜勤も準夜勤もないのですから、手当の分減るのです。

 
看護師の転職なら【ナースエージェント】

 

・保育園看護師のメリット・デメリット

 保育園看護師のメリットは、多くの面で病棟勤務の看護師とは、違います。とにかく夜勤が無く、普通のお勤めみたいな勤務体系があると言うモノでしょう。

 

 看護記録が仕上がらないとか、緊急時医師が来るまでの繋ぎ等の残業が発生しません。また、育児経験者は、その経験を生かせます。

 

 ただ、医療スキルは落ちますし、給与は明らかに下がります。普通の看護が懐かしくなると言うデメリットもあります。

 

 


・まとめ

給与が下がっても、やや楽な勤務が良い。子供が好きな場合は、選択肢に入れてみてはどうでしょうか?どの保育園が良いかは、人づてで正確な情報を手に入れるか、下記のような紹介会社のエージェントを活用するのが良いでしょう。

おススメの紹介会社(3つほど登録をして、それぞれを比べることをおススメします。)

①マイナビ看護師




↓↓↓簡単登録はコチラ↓↓↓

②ナースパワー




↓↓↓簡単登録はコチラ↓↓↓

③ナース人材バンク

↓↓↓簡単登録はコチラ↓↓↓