看護師の転職なら【ナースエージェント】

ジョブメドレー

・MRの役割

 どんなに画期的ですぐれた医薬品であっても、効能や使用方法についての理解が足りなければ、ねらい通りの効果を発揮できません。

 また、今使用している薬よりも、より副作用が少なくて使いやすい薬があれば、そちらを積極的に試すべき、ということもあるでしょう。

 MRの役割は、取り扱う医薬品の情報を医療現場に詳しく伝え、患者さんの治療を支えることです。
 MRは、医薬品について知りつくしている専門職です。MRが提案した薬によって、患者さんの治療が大きく前進したり、つらい副作用が軽くなったりすることもあります。

 また、医療現場と日々接しているMRは、実際に投与された薬の効果や副作用について、生の情報を拾い上げることができる立場にあります。

 MRが現場の医師や看護師から得た情報を、製薬会社にフィードバックすることによって、副作用などの重要な情報が取りまとめられ、より安全で適正な医薬品の普及に、一役買うことができるのです。

 MRが取り扱うのは、「医薬品の情報」です。MRは医療現場と製薬会社の間に立ち、患者さんの役に立つ情報を橋渡しすることによって、大きく見れば医療全体の質を底上げする役割を担っています。


・看護師としてのMRのやりがい

 MRの中でも、特殊な治療にかかわる製薬会社の場合、医療現場や患者さんと直接関わる機会が少なくありません。

 たとえば、希少な疾病に投与する薬など、投与方法が特殊であったり複雑であったりする場合は、MRであっても、現場で直接医師や看護師に指導したりすることもありますし、患者さんと直接会ったりすることもあります。
目の前の患者さんの役に立てている、という実感は、看護師の仕事とも共通する、大きなやりがいになるはずです。

 また、看護師の経験があると、医療現場でのふるまい方に慣れていることが、とても重宝されます。
医療現場でのコミュニケーションには特徴的な部分があるため、実際に現場を経験してそれらを理解していることは、看護師出身のMRにとって大きな強みとなるでしょう。


・MRの大変さ

 医薬品の研究開発は日進月歩です。それにともない、市場に出回る医薬品の情報も、常に目まぐるしいスピードで更新されていきます。

 MRの商売道具は、一にも二にも薬の知識。とにかく日々の勉強が欠かせず、しかも一度勉強したらそれで終わりではなく、果てしなく知識の習得が続くのです。
よほど、医薬品や医療業界に興味を持ち、主体的に勉強を続ける気持ちがなければ、MRは苦しい仕事になってしまうと言えそうです。

 また、医薬品には副作用のリスクがつきもの。MRが伝えた情報が間違っていることで、患者さんを危険にさらしてしまう恐れもあり、常に慎重さと強い責任感を持って仕事をすることが求められます。

 さらに、MRは営業職であるという一面も忘れてはいけません。多くの営業職と同じように、MRにも売上目標の達成が求められます。正しい情報提供で、患者さんの治療に貢献しながらも、一方で売上を追い求めることを、常に意識していかなくてはなりません。


・MRの魅力

 MRの魅力として、まず待遇面のよさがあげられます。ある転職サイトによると、MRの平均年収は700万円前後となっています。

 もちろん、会社や経験年数などによって差はありますが、大手製薬会社だと1000万円超えということも、珍しくありません。

 その分、高い専門性が求められる職種ですので、自己研鑽に努め続ける意欲の高さは必要です。しかしそれを後押しする資格取得の研修など、教育体制が充実した会社も多いです。

また、製薬業界の安定性が高いことも注目すべき点です。さまざまな病気の治療法が確立していくとともに、新薬の開発も次々と進んでいます。あるいは、高齢化や平均寿命の延びにともない、薬を必要とする人もどんどん増えていく一方です。

 こうした薬の普及には、MRの存在が欠かせません。医療の発展、世の中の動きとともに、MRが担う仕事もますます増えていくと予想されます。

 何よりも、提案した薬によって、患者さんの健康を守り、生活の質を向上させ、命を救うということが、MRとしての使命ややりがいであると言えます。

 病状の思わしくなかった人が、一つの薬で劇的に改善したり、激しい副作用に悩まされていた人が、ある薬で副作用から解放され、充実した生活を送れるようになったりと、薬によって救われる人は大勢います。そんなエピソードを耳にすることは、MRにとって最も報われる瞬間となるでしょう。


・まとめ

 医薬品という、人の命を支える製品を扱う以上、MRの仕事には大きな責任やプレッシャーが付きまといます
しかしその分、人の命を救えたという喜びは何にも代えがたいものであり、MRが仕事を続けるうえでの大きなモチベーションになっています。

 この点では、看護師の仕事とも重なる部分がありますので、やりがいを求めつつ、知識欲や売上への貪欲さに自信のある方は、MRへのキャリアチェンジに挑戦してみる価値がありそうです。