ジョブメドレー



・看護師長の求人の特徴

 看護師長ともあればあまたの経験を積んできて、40代50代の方が多いと思います。厚生労働省発表の「看護職員の現状と推移」によれば、40代看護師での病院勤務割合が7割近いのに対して50代では6割以下になるという結果になっています。

 看護師長にでもなれば、どんな患者さんにも対応出来て適切な判断が出来る人材になってきています。ですが看護師の仕事は激務なので年齢的にも体力がしんどくなってきて、体力的に負担の少ない病院へと転職する人が増えてきています。

 病院も雇用をするとなれば若くて体力がある20代30代の人を雇用していくので、看護師長の年代の求人では病院以外への医療施設が多くなっているのが現状になります。看護師長の需要があるのは、正規職員・パート・自宅療養をサポートする訪問看護までといった雇用があります。

 ただ管理職の看護師長・フルタイム勤務の正規職員求人があればいいですが、体力的負担と精神的負担を減らす求人となると給料が低収入となっていきます。

<看護師長の需要がある施設>

◯クリニック・診療所
 入院施設がない、あるいは少しの入院施設がある医院。問診・バイタル測定・採決・注射・点滴など医師の補助業務を行います。

◯デイサービス
 日帰りで高齢者を施設で預かって、食事・入浴などの介護・機能訓練などを行う施設。利用者の健康管理をメインに、看護師はは介護補助業務も行います。

◯老人介護・福祉施設
 要介護・要看護状態の高齢者を対象としている施設。入所者・入居者の状態にあわせ、認知症看護・ターミナルケア(終末期医療)への日々の健康管理を行います。

◯療養型病院
 病状が安定している患者を対象で、加齢・病気からくる症状への長期的なケアをする病院。急変する患者も少なくて、看護師は落ち着いて勤務することができます。

これらの求人では「正看護師、または准看護師」と募集をされています。

 給料の目安としとは、

正規職員の場合:年収320~450万円程度(正看護師と准看護師には3万円の差くらいあります)

紹介予定派遣の場合:年収で300万円前後となり、時給で1500円前後になります

派遣:時給2000円前後となります

アルバイト・パート:時給1000~1500円程度となります


・看護師長の年齢別の給料事情

 看護師長は経験も重ねて大体が40代50代となり、給料事情も気になる所ですよね。看護師長になるためには看護主任として数年の実績をようして、約15年以上の臨床経験が必要となります。小規模でやられている医療施設では管理職に看護主任がなくて、<スタッフナース>→<看護師長>となるところもあります。

◯看護師長  基本給:370,949円
管理当直:8,632円
管理職手当:45,439円

◯副看護師長 基本給:350,882円
管理当直:7,375円
管理職手当:26,159円


・看護師長としての志望動機の書き方

 今まで培ってきた業務内容・実績をアピールしマネジメントしてきた証をしるして、どこの職場でも受け入れられる志望動機の書き方をして下さい。

◯リーダーシップ力
◯マネジメント能力
◯コミュニケーション能力
◯医療経済や財務・会計の知識
◯問題分析能力
◯情報収集能力

 これらの言葉を扱ってマネジメントできますと掲示していけば、どこの業界でもやっていけるでしょう。管理職では、看護実践における豊富な知識と高度な技術がいるので、何年学んできたと実績をアピールして下さい。

・看護師長の求人の探し方

 多くの求人サイトが元看護師長を募集をしていたりしますが、より多くの求人を探したいのであれば看護師求人専門サイトを探せばその分野に特化したサイトを探せたります。

 オススメの主なサイトとして、

◯マイナビ看護師
↓↓↓3分簡単登録はコチラ↓↓↓


◯ナースパワー
↓↓↓3分簡単登録はコチラ↓↓↓


◯ナース人材バンク
↓↓↓3分簡単登録はコチラ↓↓↓

上記のサイトであれば見やすく条件をチェックして絞って検索出来るので、一度ご覧になって下さい。


・まとめ

 看護師長が転職するには、まず「看護師長の求人の特徴」を知ることが大事でどういう勤務先に需要があるのかを理解することから始めて行きましょう。看護師の仕事は激務なので年齢的にも体力がしんどくなってきて、看護師長ともなれば40代50代の人が多くて、体力的に負担の少ない病院へと転職する人が増えてきています。

 給料事情も転職前に知っておいた方がいいと思うので、見てもらってから転職活動をすれば目安となります。

 看護師長になるためには看護主任として数年の実績がようして、約15年以上の臨床経験が必要となります。

 転職するには今までの実績・経験をアピールすることが重要になり、リーダーシップ力・マネジメント能力・情報収集能力・判断能力が問われるのでそれらの実績を積んできましたと上手く文章・面接で表現出来れば相手に理解してもらえます。