看護師転職ジョブメドレー



・看護師が夜勤なしの職場で働きたい理由5選

1. 1人でこなす業務が無理な位多くなる

 ある統計によると。日勤では受け持つ患者が、看護師1人あたり6-8人なのですが、夜勤になると看護師1人あたり12-6人と、倍近くになります。

 慢性期・療養型病棟になると、夜勤は20人ちかく患者担当などザラです。9時~5時以外なので、検査・手術の前処置や送り迎え、入浴もしくは清拭、入退院に従う業務は無いです。

 しかし、受け持ちの担当人数が多いゆえ、配膳・検温・点滴などの処置が日勤の倍以上かかります。そこへもって、夕方以降は手術後の患者の不定愁訴、急変が増えるんです。

 これを夜勤の少人数で、しかも医師が来てくれないといけないのに携帯がつながらない。なんて、不便さの中でこなさないといけない、と言うヘビーさもあります。

2.精神面での負担が日勤より増える

 なぜか夕方から朝方にかけ、急変の兆候あるいは、悪化を食い止めるべきタイミングがやってくるんです。

 術後の患部が痛み出したとか、感染や化膿の前触れの急な発熱とか。

 しかも1,2人とかで、医師の携帯がつながらない場合などもあり。その中で判断を下さなくてはならない時も多々あります。

 そんな緊張感と不安で、精神的にきついです。

3.夜勤の人間関係

 タダでなくても看護師の人間関係はきついです。それでも日勤ですと、数が多いので、合わない人が居たとしても、医師含めて接する人が多いので、ある意味薄まります。

 でも、夜勤の場合は2人などで協力しないとやっていかれないゆえ、合わない人とでも、がっつり関わらないといけません。

 このストレスが、ミスにつながり易いんです。あるいは、心身症の発症に成り得ます。

4.夜働くのはハード

 普通人間は、太陽が出ている時に活動する生き物です。ですが、逆転した働く時間は、なぜか精神的にキツいのです。

 夜勤や準夜勤で、わけもなく沈む看護師もあります。北欧では、冬場太陽がわずかしか出ていないんで、冬期うつ病があり、日本でも日照時間が短い秋田県はうつ病・自殺率ワースト1です。

5.怖い思いをする

  霊的に過敏な人の場合は、夜は怖い体験をして大変です。患者が居ない病室からナースコール。

 廊下にうずくまる人を見たら、先日死亡退院した患者だったとか。お守りやパワーストーンを付けている看護師は多いです。


・看護師で夜勤なしの仕事の種類は?

 夜勤なしの仕事、主にこのような勤務形態です。

1外来

 当然外来、日中です。診療時間は主に8:30-17:00頃です。病棟で看護記録を書くとか、残業殆ど無いです。

 稀に大きい病院で、外来勤務であっても夜間の救急外来のシフトが回ってくる際もありますが、レアです。

2病棟

 病棟ですが、日勤のみの勤務と言う形態もあります。

3 訪問看護ステーション

 自宅療養の患者などがメインです。これも昼間です。

4手術室・透析室・内視鏡室・放射線科・心臓カテーテル検査室など

これらの診療はほとんど昼間です。まれに外来勤務と同様夜勤があったり、オンコール体制がある職場もあります。

5クリニック

 診療時間は、基本昼間。夕方でもせいぜい20:00までです。

 日曜+平日1日の休診日で完全週休2日制で、土曜は午前診のみが多いです。


・看護師で夜勤なしの職場で働く時のメリット

 夜勤の様に生活のリズムが崩れて、うつ病・自律神経失調症・ホルモンバランス異常によるマイナートラブルが出ません。

 子育て中は、日中子供が保育所・学校に行っている間と勤務が重なって、やり易いです。

 出産育児などで、ブランクから復帰した際に、リカバリー出来易いです。

 

 ・看護師で夜勤なしの職場で働く時のデメリット

 日勤のみの看護師は、夜勤手当がありません。

 夜勤手当の額は、病院で差があるんですが、約1万円強/1回で、夜勤の有無で年収にして100万円くらいの差があります。

 キャリア志向ですと、キャリアアップに響きます。夜勤は、少ない人数で勤務するゆえ、急変などがあった時に臨機応変に動いたり、的確に対応する能力が、備わります。

 日勤では、夜勤に比してスタッフが多いゆえ、仕事が細分化。体験できる看護の幅が狭くなりがちです。緊急事態で融通を利かせる経験も、夜勤よりレスです。

 さらに、主任から師長など、出世できません。


・看護師で夜勤なしの職場の見つけ方が知りたい!

 知り合いのコネや特別なルートが無い人はまず転職エージェントに登録しましょう。相談するだけならタダなので情報収集にはもってこいです。

 下記の大手サイトに登録すると様々な情報を知りえることが出来るでしょう。面倒だ。。と感じる場合は1社だけピックアップしてはどうでしょう。

①ナース人材バンク

↓↓↓簡単登録はコチラ↓↓↓


②ナースパワー

↓↓↓簡単登録はコチラ↓↓↓


③マイナビ看護師

↓↓↓簡単登録はコチラ↓↓↓