東京近郊に強い【ナースではたらこ】
看護師転職ジョブメドレー

・そもそも専門看護師とは?

 専門看護師とは、認定看護師もそうなのですが、日本看護協会により認定される看護系資格です。専門看護師認定対象となるのは

 「複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた人」

 と、協会で定義されています。

 この資格を取得する為には、5年以上の実践経験看護系大学院での修士課程を修了、日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得、とハードルが高い条件をクリアした上で、専門看護師認定審査に合格しないといけないんです。

 専門看護師のみ出来る役割は、「実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究」の6つです。患者とその家族に対し、高水準の看護の提供のみならず、病院や地域全体の看護の質を向上させる役割があります。

 認定看護師だけでも管理職向けの看護系専門資格なのですが、これはもう、明らかに看護師長・看護部長、それも大学病院・地域の基幹病院の管理職を目指す看護師が対象でしょう。時に、看護学校の教員としての道も開けてきます。



 

・専門看護師になるメリット

 専門看護師資格取得の一番の目的は、高度なスキル・知識を習得するといったモノです。

 極めたい特定の看護分野に関して、看護学校や臨床よりはるかに専門的な学習が出来るゆえ、どうしても看護の質を上げたい専門分野で、活躍出来ます。

 専門看護師資格を持っていると、やりがいが大きい仕事が、病院側から任されるケースがほとんどです。

 通常の看護以外に、病棟内でのの看護師育成や他の医療分野とのコーディネーターの役割、患者が復帰する地域社会との橋渡しとなる看護活動等々、やりがいの大きな仕事が、回ってくるようになります。

 加えて、専門看護師資格有資格者が全国で約2100人ほどしかいないゆえ、患者含む家族に対して、より大きな信頼感・安心感を与えられます。

 専門看護師資格有資格者は、もれなく主任・師長・看護部長になるケースがほとんど。ですので、夜勤が減る、あるいは免除になる看護師が多いのです。

 認定看護師もそうなのですが、資格を生かす看護が多いのは、患者含む病院全体が起きている昼間がメインです。それゆえ夜勤が免除になる、との見方もあります。

 昇進には、明らかにプラスに影響します。

 他の看護師を統率するスキル・知識が在るゆえ、要となるポジションの仕事を任せられ、自然と管理職に成り易いです。というか、専門看護師資格自体が、主任・師・看護部長などの管理職向けです。



 

・専門看護師の給与は?

 ある統計では、いまだ専門看護師にふさわしい処遇がなされていない病院が多いため、資格取得後であっても取得前と給与等同じ条件で勤務せざるを得ない専門看護師が多い現状や、専門看護師のキャリアや学問を病院がまだ使いこなせない、事実がメインの理由として予想出来ます。

 専門看護師の職位の変化(主任・師長・看護部長へ昇格)も、わずか数パーセントの割合でしか、上がっていません。

 この統計を見る限りでは、現実は昇給・昇進になった専門看護師は極めてが少ない現状が見て取れます。

 ですから、勤務する病院が、専門看護師の意義を評価していないと、待遇は良くはなら2のです。

 専門看護師資格を取得出来たら、専攻した看護分野の専門看護師に対するニーズのある病院を選ばないといけません。

 基準としては、出来る限り大きい病院ですね。転職の際に、専門看護師資格は必ず注目され、給与やポスト等、待遇交渉ができるでしょう。その部分はその分野のプロ、転職コンサルタントから情報を得ましょう。

 当然ながら、専門看護師資格って給与upや夜勤免除など待遇が目的では無いでしょう。看護師の中でもスペシャリストとしての専門性を確固成るものとし、患者への看護の質が格段に上がるのが、この資格が出来た狙いです。

 



 

・専門看護師のとある1日

 専門看護師は、看護師長として働いているケースも多いので、看護師長の一日に密着しました。

8:30

始業・引き継ぎ            
夜勤看護師からの申し送りを受けます。他の病院の部門や病棟の医師からの情報を日勤の看護師に伝えます。

8:45

大きい手術前など気になる患者の病室へ。家族が付いている場合は、気になる点など聞く。

9:00

看護師の指導 
新人が点滴をする際や医師の創傷のケアの補助等 投薬時は3点認証を徹底し、医療ミスを出来る限り防ぐ。

10:00

ICUから病棟へ上がってきた患者含む家族へのケアの補助介助。患者側の状態で気になる点がないか観察し、不安がある場合は説明。医師が、病棟でのスムーズな処置が行えるよう、動く。

11:30

病院カンファレンス
病院の他の部門と合同でカンファレンス。医師・看護師・薬剤師・理学療法士・栄養士・MSWなどで、現状に関する問題、治療方針等について会議。

12:00

ランチ

13:00

看護師の提出した看護計画の評価 看護含む治療に個別性が強い患者の状態を把握し、看護師の看護計画のチェックとアドバイス。

16:00

病室ラウンド 
気になる患者の状態観察。とりわけ翌日に手術や大きい検査を控えた患者のケア。

16:45

引き継ぎ 
日勤の患者の状態・注意点・変更指示等、準夜勤看護師へ申し送りする際、助言します。

17:15

終業



 

・専門看護師になるためには

 専門看護師資格の取得は、ハードルが高いです。大学院に2年通い、試験に合格する必要があるんですね。

 大学院の受験勉強から、学費の確保等も、大変です。本当にやりたいことかどうか?を基準に考えると答えは見つかるでしょう。