・50代でも転職先はあるの?

 結論からズバリ言ってしまうと、看護師は50代でも、転職に苦労することが少ない職種です。

 国家資格を必要とする、高度な専門職であることに加え、高齢化にともなう、医療系人材の慢性的な不足という背景もあり、年代を問わず看護師の求人は豊富にあります。

 また、とくに50代の看護師だからこその豊富な経験が、現場で求められる場面も多いもの。

 看護技術の高さももちろんですが、人生経験そのものが豊富なことによる、安心感や頼りがいといった、ヒューマンスキルに対するニーズもあります。

 患者さんたちにとって、また同じ職場で働く後輩ナースたちにとって、ベテランナースの存在は、精神的な支えになるでしょう。

 しかしながら、20代の若手と50代のベテランとでは、求人内容にある程度、傾向の違いがみられるのも事実です。

 期待される役割やニーズが、20代と50代とでは全く同じというわけにはいきませんので、求人内容もそれを反映して、違いが出てくるのは当然と言えます。

・50代の看護師の求人の特徴

 まず、その豊富な経験をベースに、マネジメントを任せたい、つまり看護師長など管理職の求人が見られるようになってきます。

 現場のナースたちが安心して仕事に専念できるように、一人ひとりをサポートしながら、チーム全体の舵取りをしていくポジションです。

 管理職になるには、看護技術はもとより、リーダーシップや高いコミュニケーションスキルを持っていることも大切です。

 責任も重くハードな仕事ですが、その分給与が高く、キャリア志向の方には挑戦しがいがあります。

 リーダーを目指すよりも「ずっと最前線で頑張ってきたから、そろそろ自分のペースでゆっくり働きたい」という方なら、病院以外の施設にもぜひ目を向けてみてください。

 総合病院や救急病院では、体力のある20代・30代の若手が求められる傾向が強いですが、病院以外の施設では、50代を求める求人もたくさんあります。

 たとえば、介護・福祉施設や訪問看護、デイサービスなどは、働く時間が選びやすく、また住んでいる場所の近所でも見つかりやすいなど、プライベートとの両立がかないやすい職場です。

 デメリットは、職場を変えることで年収が下がってしまう場合が多いこと。お金よりも生活の充実、と目的をしっかり意識して転職する心構えが必要になります。

次号に続く→