・40代でも転職先はあるの?


 一般に、転職は年齢を重ねるほど難しくなりますが、看護師に限って言えばそれはあてはまりません。

 若さと体力で勝負する20代・30代に対し、40代の看護師は経験に裏打ちされた、熟練の対応が可能になっています。

 そういった「即戦力」を求める職場はまだまだあり、40代以上の看護師がチャレンジできる求人も少なくありません。

 逆に言えば、自信をもって「経験」「キャリア」を上手にアピールすることが、転職成功のためには不可欠になってきます。

・40代の看護師の求人の特徴


 40代の看護師に求められるものは、プロとしてある程度まとまった年数働き、いろいろに場数を踏んだという経験です。

 これに期待して、若手を指導し取りまとめていく、看護主任や看護師長など、リーダークラスの求人が少しずつみられるようになってきます。

 管理職まではいかなくとも、年齢に比例して経験への期待が強まってくることは変わりません。

 「経験年数〇年以上」とはっきり示している案件も多く、長くキャリアを積んできた40代の看護師には広くチャンスがあります。

 また、特定の診療科での勤務経験を求めるものなど、ピンポイントの経験を必要とする案件もありますので、自身の経歴から、どの分野に強みがあるのか、じっくり棚卸をして臨むと、内定への近道になるでしょう。

 また、総合病院以外の職場も視野に入れてみると、単科のクリニックやデイケア施設といった医療機関、特別養護老人ホームやデイサービスなどの介護施設、訪問看護などの在宅医療サービスなど、看護師資格を必要とする求人は幅広いです。

 これらの求人の特徴として、働く時間や場所が病院よりも選びやすく、理想とするワークライフバランスがかないやすいことが挙げられます。

 よって、まだしばらく育児に手のかかる40代の看護師には、メリットが大きいお仕事です。

・40代の看護師が転職を考える理由とは?


 まずひとつに、40代になると子どもの進学などで少し手が離れ、時間ができるため、仕事に復帰したいという方が増えてきます。

 子どもの成長につれ、教育費などの出費が増えてくる時期でもあるので、収入アップを目指しての転職も多いです。

 看護師は専門職であるため、たとえ出産や育児によるブランクがあったとして需要が高く、職場復帰も比較的しやすいと言えます。

 ただし、ブランクが長いと即戦力対応が難しいとみなされてしまうため、「以前仕事をしていたとき身についたスキル」や、あれば「ブランクの間に続けていた勉強」、場合によっては「育児から学んだこと」など、書類や面接でのアピールポイントをしっかり練って臨む必要があります。

 またこれとは逆ですが、近年晩婚・晩産化が進んでいますので、同じ40代でも、まだ子どもが小さくて手がかかる、という方もたくさんいます。

 そういった方にとっては、育児との両立のための転職が必要な場合もあります。

 さらに、年代を問わず見られることですが、労働環境や人間関係など、職場との相性がよくないことにより、転職を考える方も一定数います。

 看護師の求人が売り手市場であることを考えると、ある程度の期間働いても、この職場にはなじめそうにない、と判断できるなら、ほかに少しでも良い職場を探したほうが賢明かもしれません。