・30代の転職事情とは?


 看護師に限ったことではありませんが、一般的な30代は昇進などでリーダーのポジションを任されたり、結婚・出産など家庭での役割が増えたりといった、さまざまなライフイベントを経験することが多い年代です。

 看護師としてのキャリアの方向性が少しずつ見えてきたり、また仕事とプライベートの両立に悩んだりすることも多く、転職を考える人も増えてきます。

 まず仕事に慣れ、経験を積むことにとにかく必死になってきた20代を経て、30代に入ると、目の前のことだけではなく、この先の10年、20年先の将来を見据えて、ベストな働き方を模索したい、という希望が出てきます。

 場合によっては、転職することが、理想の未来への前向きな一歩になることもありえますので、積極的に検討してみる価値がありそうです。

・30代の看護師の求人の特徴


 年代を問わず、看護師はとりわけ求人の数が多く、希望条件に合った仕事が見つかりやすい職種です。

 なかでも30代の看護師の場合、実務を問題なくこなせる看護技術がひととおり身についていること、そして体力の面でも、まだまだ若く、ハードな仕事にも対応できることから、転職市場では最も貴重な人材として、引く手あまたです。

 たとえば、夜勤のある病棟や、救急外来など、とっさの事態に対応できる判断力や行動力が求められる現場では、30代の経験値と体力を高く評価し、リーダーとして迎え入れたいというニーズがあります。

 キャリアアップを目指す方にはちょうどいいポジションではないでしょうか。

 また、家事や育児との両立を目指す方には、パート勤務という方法もあります。単科のクリニックや、介護関連の施設、訪問看護など、病院以外の求人にも注目してみると、勤務時間が短めの仕事が多く見つかりますので、家庭での役割をこなしながら、看護師としてのキャリアも中断したくない、という方におすすめです。

 このように、30代の看護師の求人は、個々のニーズやライフスタイルに合わせて選びやすいのが嬉しいところです。

・30代の看護師が転職を考える理由とは?


 30代の看護師の転職理由はひとくくりにはできず、多様に存在しますが、あえて、おおざっぱに言ってしまうなら、職場・キャリアに関するものと、ライフスタイルに関するものに分けることができます。

 まず前者の「職場・キャリアに関するもの」として、30代になると、ただ仕事をこなすだけではなく、たとえば

「管理職に就いて、収入アップを狙いたい」

「学生や若手を指導するポジションを経験して、ゆくゆくは看護学校で教える仕事がしたい」

「特定分野のスペシャリストになりたい」

 などなど、看護師としてより具体的なキャリアプランが描けるようになります。

 そして、これらを実現するために、よりよい職場を選びたい、というニーズが当然高まってきます。

 また、どの年代にも言えることですが、ある程度の期間、長く働いていると、職場の方針や、チームメンバーが変わることによって、チームの人間関係や職場環境も変化してきます。

 ときにはその変化が原因で、働きづらくなってしまうこともままあり、転職することで解決を見るケースもあります。

 そして、後者の「ライフスタイルに関するもの」、結婚・出産によって、家事や育児などを担うことも増えてくる30代。それまでのような仕事第一の働き方をいったん離れ、転職して仕事とプライベートを両立させる道を選ぶ人も多くなります。

 この場合、パートナーやほかの家族の協力をどれだけ得られるか、子どもの預け先の確保ができるか、などの事情によっても、勤務時間や勤務地の範囲が変わり、選ぶ仕事も変わってきます。

→パート②に続く

 ↓↓↓当サイトのおススメエージェンシーはコチラ↓↓↓