・看護師の悩みと他の職種の悩みは違うのか?

 私もいくつかの職種を経験しましたが、私の場合はどの仕事も共通する事柄があります。

 主に悩むのが上司との付き合い方、つまり人間関係でした。

 元々生意気だと思われやすい私、打ち解けるまで時間がかかります。

 それらを通して気づいた事は、やはり諦めないことです。

 何かあった場合でも原因は自分にあるのでは?と考えることで大体が解決しました。

 理不尽な人はいましたが、自然と淘汰されていきました。

 すぐに結論を出さず、その事象に真面目に取り組めば解決しないものは少ないと感じました。

 お金の面では・・・と言えばキリが無いのでここから本題に入ります!

・やっぱりコレ!看護師の悩みNo.3は収入だ!

 一般的に高給と言われている看護師のお給料。ざっと県別の平均給与一覧を一緒に見ていきましょう!

1 神奈川 531.8万円
2 東京 516.5万円
3 三重 515.9万円
4 千葉 514.4万円
5 静岡 508.9万円
6 大阪 506.8万円
7 岐阜 502.0万円
8 和歌山 501.4万円
9 広島 500.8万円
10 香川 498.3万円

 この数字は、平成30年度の都道府県別看護師収入ランキングです。

 元の資料を見ると、東北・北海道は絶対人数が不足気味なことから、
全国平均よりは低いものの物価・家賃等を考慮すれば、地域の中では高水準です。

 ただ、この数字からだけでは見えてこないのが、勤務強度です。

 夜勤や連続勤務時間などを考え併せていくうえでの参考程度とお考え下さい。

 そうは言っても、やはり絶対的な金額が生活の基本ですから、現在の自分との比較にはなるでしょう。

 勤務病院への思いが強いといった要素が加わると、多少給料が安くても奉仕したいと思う人もいれば、反面、多少他所より高いと言ったって、所詮、楽をして稼いでいるわけではないからと
ドライな判断を下す人もいるでしょう。

 ここで、転職を考える人が出てきても、極めて自然なことだと思いますね。


・看護師の悩みNO4 技能/知識/新情報対応

 これは、仕事に対する情熱のかけ方で、いくらでも変動する要素ですが、仕事が忙しいからという言い訳をする人は、自分を高める機会を放棄していることになります。

 そして、これが積み重なってくると、「使えない」人に堕してしまいます。

 いったん遅れたら、よほど猛勉強でもしない限り、挽回はほぼ不可能と思ってください。

 このことに直面しても、見て見ぬふりをするような人物は、早晩、短期複数回転職グループに入っていってしまいます。

・看護師の悩み 総まとめ

いかがですか。

 何といっても、対人関係の文章が圧倒的に多いことの意味は、それだけ精神的な強さを持っているか、そしてそれを保持できるかにかかっています。

 そして、最終結論です。

 こういった諸条件・事情をきっちりと読み解いて、なお、不満が解消できなければ、
転職が人生の候補に浮かび上がってきても良いと思います。

 そうなったら、看護婦専門の就職検索サイトのお世話になりましょう。

 この種のサイトは、この2年で急速に増えましたので、まさにカオスの真っただ中という感じで、しのぎを削っています。

つまり、玉石混交状態です。

 このサイトでもおススメのものを中心に掲載していますのでご参考くださいね!