・あらためて看護協会とは?

 今さら・・・という感じもしますが、「看護協会」という団体名は看護師なら誰しもが知っているほどの存在です。

 正式名称は「※公益社団法人 日本看護協会」。看護師・准看護師(保健師・助産師も)のための職能団体です。

 全国を統括する看護協会の下に、各都道府県の支部があります。 ※以下、「看護協会」といいます。

 れっきとし看護師のための組織ですね!

 団体に加入する・しないは、ナース個人の自主性に任されていますが、職場によっては強制加入、というところも聞いたことがあります。

 みなさんの場合はどうですか?


・看護協会の役割

 看護協会の役割は大きくわけて3つあります。

1.看護師の質の向上

 各種研修の運営、専門看護師・認定看護師・認定看護師管理者の認定など=看護師としてのキャリアアップに関すること

2.看護師が働き続けられる環境づくり

 看護師の就職や再就職の支援や、看護職賠償責任保険制度の運営など=看護師としてのキャリアプランニングに関すること

3.看護領域の開発・展開

 在宅医療や訪問看護の推進、被災地復興支援、広報活動など=看護師の地位向上やプロモーションに関すること(広告塔!?)

・看護協会の役割の最重要項目はコレ!

 とりわけ注目すべきは、前項の2の就職支援です。

 転職や再就職支援が、看護協会の一事業として展開されている、ということです。

 そうです。看護協会のメインの役割は看護師の就職支援なのです。

 就職の手助けはしている・・・と知っている看護師はほとんどですが、それがメインの役割ということを知っている人はどれくらい居るのでしょうか?

 つまり本来なら、就職や転職で悩んだ場合の解決の場として看護協会がまず一翼を担う義務があるということです。

 皆さんの地域の看護協会はどうですか?

 頼りがいのある素晴らしい団体でしょうか?

 まだ就職や転職についてはそこまで関わっていない、という方は次の章もご参考ください。

 具体的にどのようなサポートが活用できるのか次回ご紹介しますのでよろしくお願いします。

 また、下部に質問欄・コメント欄がありますので、ご意見などお気軽にお尋ねくださいね^^