・看護協会管轄、e-nurseセンターとは?


 はじめに、ナースセンターとは、各都道府県の看護協会支部が運営する、無料職業紹介所です。

 2017年時点で、全国に86か所(うちサテライト、支所が39か所)設置されています。

 看護師専門のハローワークのような施設で、ハローワークに似ていると思いますが、皆さんは使用されたことはありますか?

 転職相談を担当しているスタッフの中には、看護師資格を持っている人が少なくありません。

 いくら、ナースの実情をよく知っているからと言って、職場の同僚や先輩のナースに、転職相談はしづらいこともあるかもしれません。

 しかし、ナースの現状に理解のある有資格者が親身に話を聞いてくれると考えることもできますね^^


・看護協会管轄e-ナースセンターあれこれ

 e-nurseセンターとは、簡単に言えばインターネット版のナースセンター。

 全国のナースセンターで紹介されている求人情報を一括で見ることができる、求人サイトのようなシステムです。

一度も使ったことがない!という方はこの機会に登録してみては??

 民間の求人サイトと同じように、メールアドレスを登録して希望条件を指定すれば、それに見合った求人を検索・閲覧することができます。

 ここまでは知っているよ!という方はたくさんいらっしゃると思いますが、他にこのような特徴があります。(大きな声では言えませんが・・)

① 実は看護師じゃなくても登録することができる。

 →看護師じゃないのに登録しても意味あるかどうかは分かりません^^しかし登録して求人情報を見ることはできます。

② スカウト機能

 →これは企業側が使うものですが、登録していると企業からスカウトメールが来ることがあります。1つの企業に対して10通くらい送ることが可能のようです。魅力的なプロフィールを作成することでスカウトが来るかもしれませんね!

・看護協会管轄、e-nurseセンターの活用方法

 e-nurseセンターで求人を探すには、まず登録することがおすすめです。

 登録しなくても「体験版」として求人検索はできますが、閲覧できる情報が雇用形態や勤務形態、給与などに限られています。

 具体的な勤務先の情報を知るには、氏名や住所、連絡先などの情報を登録します。

 登録後は、求人の閲覧だけでなくサイトからお仕事に応募することも可能です。

 希望条件を設定して求人を探し、希望のものがあれば、ナースセンターから先方へ紹介してもらい、紹介状を取得して、面接を受けます。

 面接には当然、足を運ぶ必要がありますが、登録から応募まではインターネットで済ませられます。

在職中であまり時間のない方は、情報収集や複数のお仕事への並行応募などに活用できます。

 また、e-nurseセンターには全国の求人が集まりますが、とりわけ強いのは地方の求人です。

 民間サイトだと手薄になりがちな、地方の求人もまんべんなく拾っていますので、Uターン、Iターン転職を目指す方にとっては強い味方です。

 →つづく