(このページでは看護師が妊娠した、または妊娠中の転職について記載している文章の続きです。今回が最終頁となります。)

・妊娠した場合のフロー

 まずは育休や産休などの制度について、調べておく必要があります。

 職場によっては、就業規則に産休・育休の申請時期が明記されている場合もありますが、上司への報告とともに、できる限り早めに申請することをおすすめします。

 余裕をもって申請しておけば、管理部門の手続き負担を減らすこともでき、スムーズに申請を通すことにもつながります。


・看護師が妊娠した場合の産休について

 産休について産前6週間は、本人の申し出によって取得可能ですが、産後8週間は、母体保護のため、本人の希望にかかわらず休ませなければならない、とされています。(例外規定あり)

 産休は、雇用形態やそれまで働いていた期間にかかわらず、取得することができます。

・看護師が妊娠した場合の育休について

 また、育休(育児休業)は、子どもの1歳の誕生日まで取得可能1歳半までは延長可能ですが、2017年の法改正で、さらに2歳までの延長が可能になりました。

育休は、開始までに 1年以上同じ職場で働いていなければならない、というルールがあるため、転職直後の人はほぼ取得できません。

 産休・育休の間は、給与が出ない場合がほとんどです。しかし、休中は健康保険から基本給の2/3が、育休中は雇用保険から基本給の1/2が支給されます。

 育休は、同じ職場に復帰することが前提となっています。そのため、期間延長は「保育園などの預け先がなく、やむを得ない事情がある」などの場合に限られます。

・看護師が妊娠した場合の転職まとめ

 出産も転職も、人生にかかわる一大事です。どちらも大事だからこそ、失敗したくないプレッシャーも大きく、不安も大きくなりがちです。

 とにかく一人で抱え込まないこと、職場だけでなく、パートナーをはじめとする家族や友達、信頼できる転職エージェントなど、頼れる味方を一人でも多く見つけ、後悔のない選択をしてほしいと思います。