・看護師転職の志望動機。準備編!

①あなたはこれまでどのような経験をしてきましたか?

②何を学びましたか?

③これからどうしたいですか?

そんな漠然とした疑問にある程度の答えが出たら準備完了です!

下記を参考にしてください!

 

・転職回数が多い場合の看護師の志望動機

出だしは経験を具体的かつ簡潔に・・・

 看護師として7年の間、外科外来・小児科病棟・手術室の勤務をしてまいりました。

 その経験より特に外科手術において権威のある貴院で看護師としてのスキルを高めたいと考えました。

(ここになぜそう思ったのかが加わればパーフェクト!)

※より良い人間関係を構築するためにもやる気のアピールは大事。

 そのやる気は面接した師長さんなどから同僚へ伝えられるはずです。

『いい人がきたよ!』

と言われるようにしましょう^^

・育児ブランクのある看護師の志望動機

出だしは経験を具体的かつ簡潔に・・・

 総合病院で6年間の臨床経験があります。(標榜科目も簡潔に)

 その後出産により退職しました。

 5年間育児に専念し、今年から両親と同居をしております。

 子育ての協力体制があり、ご不便をおかけするリスクが低くなったので再び復職を考えました。

 そこで研修や勉強会などが豊富な貴院で再び看護師としてのスキルアップを考えました。

 チャンスを頂ければ患者さんや貴院に必要な知識をより多く身に付けたく思います。

 チャンスを頂ければという表現は謙虚で良いと思いますがどうでしょうか?^^)

 

※禁句表現

ブランクがありますが・・・×

自信はありませんが・・・×

何ができるかわかりませんが・・・×

 これは謙虚とは言わないです。社会的にいうと気遣いが無い言葉になります。

 実際そうだとしても、これを聞いた人(面接官)はあなたを採用したくありません。

 そんなことわかっているし、聞きたくないことだということを理解しなければなりません。

 ここがわかっていない人が結構いるという話です><

③地方病院で働きたい看護師の志望動機

出だしは経験を具体的かつ簡潔に・・・

 急性期病院で6年間勤務してまいりました。(主に勤務した標榜科を述べる)

 『患者様目線』である看護師をモットーにしています。

 今はより地域に密着した地域医療で様々な症例と関わり看護師として必要とされる人間になりたいと考えるようになりました。

そこで 『寄り添う医療、寄り添う看護』に強みのある貴院でさらに学びや知識を広げたいと考え、志望させて頂きました。

 これまでの自分とこれからの自分を地域貢献に活かせることができれば幸いです。

・看護師転職の志望動機例のまとめ

いかがですか?

 他にも『都会に出て転職する場合』や『非常勤から常勤への転職』の場合などの志望動機が考えれらますが、割愛します。

要は視点だからです。

 視点を相手に合わせればおのずと筆は進みます。

 とはいえ、もし他の志望動機に相談があればいつでもコメントしてください!

 最大限のお手伝いをしますよ^^